←ファイティングラッシュの開発者MACOさんが開発・出演されている目的別Wii Fitトレーニングメニューです。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
プレゼント用

PCのみ
無料カウンター

PC&携帯
blogパーツ


メールはこちらから
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 今日もファイティングに | main | 今日も強行スケジュールでしたょ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
覚え切れていない、ファイティング2008年10月版(Vol.23)

振り付け覚え切れていませんが、少しづつ書き足しますので、長い目で見てやってください(^_^;)

振りの情報をご覧頂ける方は、”記事の続き”をご覧ください。

多少、他の曲の振りが混ざっているかもしれません。間違っているかもしれません。その辺は割り引いてみて下さい<m(__)m>

全体的に曲がまたもやかっこいいヽ(^o^)丿
CD&DVD化を希望します〜\(^o^)/

F1
 ウィービング→アッパーで前進・後退があります。これが個人的に難しい。。。
 新しい動き(サイド移動)が難しいけど楽しいです。
 テンポ早くなるところが要注意です。

F2
 手刀受けで後退するのが個人的に難しい。
 今回のテーマ通り、純日本的な”忍者”の動きがアレンジされて入ってます。
 曲もオリエンタルな感じで、かっこいいっす

F3
 回し蹴りが、お尻の筋肉痛を引き起こすかも。。。
 曲のビートが早い感じが気に入っています。個人的には新しい、サイドガード
 の動きも好きです。

F4
 スーパースローなジンガー→前蹴り登場。ここも筋肉痛ポイントかも。
 90度づつ回っていく動きが、やっぱり難しいけれど、楽しいポイントです。
 中段蹴りの前に”伸びる”構えがありますが、その時の軸足が本当の意味で
 キモだと思います。(つま先が90度の状態で着地していないとキツイです。

F5
 気を抜いてはいけません。最後まで。
 とにかくスピードも速いことも気の抜けないところですが、それだけじゃあり
 ません。
 (1回出てみると、意味が分かると思います)

また編集します。


注意)記事の正確性は保障できません。あしからず。
(2008/10/13 一部修正しました)

F1
 ・スリップ(相手のパンチを避ける。スタンス後ろ側の手を前に)
  →アッパー→構える→ボディー2発
  ※スリップでスタンス前側の足を移動。
   サウスポースタンスの場合、右側に。オーソドックススタンスの場合、
   左側に。
  ※3回繰り返した後にダブルボディーあります(2カウント目)
   カウントに要注意。(よく曲を聴いていると"Yes”か"Fine"と言っている)
 ・サイドステップ→フック→ストレート3発
  ※後半でストレートのスピードがあがります(1.5カウントで3発)。

F2
 ・膝蹴り2発(前進)→バックキック→正拳2発→手刀→手刀受け2発(後退)
  ※手刀はスロー。
  ※左構えから右構えに変わるとき要注意。

とりあえす今日(10/4)はここまで。

F3
 ・エルボー→ブロッキング→回し蹴り→2段回し蹴り
  ※エルボーは右(左)を向いて打つ
  ※ブロッキングは、向いている方の手で相手をブロック、かつもう一方の
   手で顔をガード
  ※2段回し蹴りは下段→中段を足を下ろさずに蹴る。筋肉痛ポイントかと
   思われます。(^_^;)
 ・前蹴り→スマッシュエルボー→膝蹴り2発→後退
  ※スマッシュエルボーは、相手のガードの間を通すように打つ
  ※膝蹴りは接近戦を想定し、自分の手首を反対の手でつかみ、そこで
   相手の首をロックして打つ

F4
 ・ジンガーステップ→前蹴り
  ※途中でスーパースローになりますが、また元のテンポに戻ります。
   効果音に注意。
  ※ジンガーステップは、肩のにおいをかぐように上側の手の肩と顔を近づ
   け、反対側の手は脇で手のひらを正面に。
 ・斜打→肘打ち→掌打→構えて→カンフーキック
  ※斜打は、上段→下段→中段に打つ。上段→中段→下段ではないので
   要注意。
  ※"構えて"は、斜打1発目と同じ手を頭の上、かつ斜打1発目と同じ足を
   軸足、反対の手を払い、反対の足(すね・もも)を地面と平行に。
   (ニホンゴムズカシイネ。。。)
  ※カンフーキックは、構えたときに地面と平行になっている足で蹴る。

F5
 確認してきました(^_^;)
 ・バックエルボー→バックキック→両手突き→ダブルフック→前蹴り
  ※両手突きは相手の鼻を、ダブルフックは相手のあごを狙って打つ。
 ・膝蹴り2発→エルボー2発→サイドステップ→サイドキック
  ※サイドキックのあと、すぐに膝蹴り2発(反対側)が始まります。
   気を抜かずに。。。

| ファイティング振り付け | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ganzi.jugem.jp/trackback/152
トラックバック